【旅行】何となくケープタウンに来てみた⑥ テーブルマウンテン

NO IMAGE

こんにちは。でぇーちさん(@daichioka)です。

アフリカ・ジンバブエからケープタウンに旅行中です。

 

滞在中は悪天候が続き、結局最後までとっておいたケープタウンのシンボル【テーブルマウンテン】に行ってきました。

テーブルマウンテンとは? 

 

ケープタウンのシンボル的な山で、頂上がテーブルみたいに平坦になっていることからその名が名付けられています。新・世界7不思議 自然版 にも数えられている(現在も選考が進んでいる??)とのこと。

 

標高1086メートル 頂上の平坦部分は約3キロにも及び、山にかかる雲はテーブルクロスと呼ばれています。

 

テーブルマウンテンの行き方

 

テーブルマウンテンの入り口であるケーブルカー乗り場までは、僕の滞在しているロングストリート付近からならバスまたは徒歩でも行くことが出来ます。

 

バスなら10分程度。徒歩なら1時間もかからない位かと思います。

 

 

ちなみに僕は旅行中とにかくある乞うという目標があったため、徒歩で行きました。テーブルマウンテンのケーブルカー乗り場は見えているのですが、適当に行くと迷います!(適当に行って迷いました)

 

必ず道順を確認して行きましょう。

 

また、道中も街を見渡すことが出来てキレイな景色が楽しめますが、かなりの急勾配なのでそれなりに大変です。

 ケーブルカーについて

 

入り口からは徒歩でも山頂を目指すことも出来ますが、ケーブルカーなら2~3分で付きます。徒歩の場合は結構なトレッキングコースになるようですね。いくつか難易度の異なるコースが用意されているので、元気があればチャレンジしてみるのもいいと思います。

 

僕はここまで辿り着くのにかなり消耗していた為、ケーブルカーで行くことにしました。天気悪かったし。

 

ケーブルカーは片道150R、往復300R位です。午前と午後で若干値段が違います。

 

今回はシーズンでは無かったためかそれほど混雑していませんでしたが、場合によっては1時間以上並ぶこともあるそうです。オンラインで事前にチケットを予約出来ますので、利用したほうがいいかも知れません。

 

 

また、天候によってはケーブルカーが運休している事もあるようなので、併せて事前に確認しておきましょう。

 

山頂へ行くと・・・

 

ケーブルカーのチケットを購入する時にこう言われました。

 

「今日は天気が悪いので、頂上に行っても何も見えないよ」と。

 

ちなみに麓で今日の山頂の状態が掲示されているので確認することも出来ます。

 

とは言え、ここまできて山頂に行かないわけにも行きませんからね。

 

しかし、やはり・・・

 

霧がすごくてほとんど何も見えませんでした・・・

 

適切な表現かはわかりませんでしたが、10メートル先が見えない深い霧や、麓では見られないような高地特有の植物などはまるで「あの世」を思わせてくれました。

かろうじて見えた景色。確かに晴れていたらスゴイ絶景が拝めそうですね。

 

 

山頂にはこんなにカワイイ動物もいます。

 

 

「ケープハイラックス」と言うそうです。

 

山頂はかなり寒く、他の観光客もカフェに入り浸ってました。暖まります。

 

山頂ではお土産屋さんもあります。

 

まとめ

 

という訳で、今回は天候がよろしくなく、期待していた絶景は拝めませんでした。ケーブルカーで下山する時にみた景色が一番のハイライトだったかも知れません。

 

ケープタウン滞在中はずっと天気が悪かったので仕方ありませんね。まあ、ジンバブエからは近いのでまた次回リベンジできたらいいなと思います。

 

テーブルマウンテン登頂を考えている人は、絶対に晴れている日を狙って行ったほうがいいですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。