【警告】青年海外協力隊 任期中に絶対やってはいけないこと

【警告】青年海外協力隊 任期中に絶対やってはいけないこと

こんばんは。

でぇーちさん(@daichioka)です。

今回は協力隊関連のお話。

青年海外協力隊の活動期間は(任地にもよりますが)比較的自由度が高く、自分のやりたい事にチャレンジ出来るチャンスがたくさんあります。

一方で、もちろん禁止されていることもいくつかあるんですね。公序良俗に反することはもちろんですが、例を挙げると、自動車の運転や自分が利益を得るような活動は禁止されています。

この辺はダメと言われたら無理にやる人もそう居ないと思いますが、今回は「意外とやってしまいがちな禁止事項」について。

意外とやってしまいがちな禁止事項とは?

意外とやってしまいがちな禁止事項とは、「闇・任国外旅行」です。

青年海外協力隊には2年間の任期中に20日間、海外旅行をすることが出来ます。これを「任国外旅行」といいます。

行ける国は任国によって異なりますが、ジンバブエならモザンビーク、南ア(ケープタウン)、ボツワナ、ザンビア、マラウイ、タンザニアに行くことが出来ます。自費になりますが、日本に一時帰国することも可能です。

任国外旅行に行くには前もって申請手続きが必要になります。滞在先のホテルや利用する飛行機など、細かく報告する必要があるんですね。もちろんこれは安全のために、所在を確認するのに必要な情報だからですね。

で、この「闇任国外旅行」というのは、この申請手続きを踏まずに黙って旅行に行ってしまうことを指します。日程や行き先を無断で変更することもそうですね。

実はこの「闇任国外旅行」の噂ってチラホラ聞くんですよね。

なぜ、闇任国外旅行をやってしまうのか?

なぜ、無断で、もしくは勝手に計画を変えてまで行く必要があるのでしょうか。ちゃんと申請すればいいじゃないですか。と思うかも知れませんが、やってしまいがちな理由がいくつかあります。

① 勝手に「バレない」と思いこんでしまう。

少なくとも僕が赴任した頃はそういう話を結構聞きました。パスポートをチェックするのは帰国した後だから少なくとも任期中はバレない・・・と。

② 手続きが意外とメンドクサイ

書類が結構細かくて、メンドクサイと感じる人も少なくないと思います。

③ こんなに近にのにナゼ?・・という事が結構ある

これはどういうことかと言うと、例えばビクトリアフォールズに行って、日帰りでチョベのサファリツアーに参加するのにボツワナに行きたい、ビックの橋の上(ザンビア~ジンバブエ国境)で同期に会って、盛り上がってしまい、ちょっとだけザンビアに入りたくなった、バスで1時間で隣の国に行けるのに、陸路移動が禁止されている、などが挙げられます。

僕の任地のムタレという街は目の前にモザンビークがあるのに、陸路移動は禁止されていたため一度ハラレに上がってから飛行機を使う必要がありました。お金も時間もかかるし、馬鹿らしいなって思うのもわからなくはないですよね?僕は車で30分のモザンビークへは行ったことがありません。メンドくささと馬鹿らしさに勝てませんでした。

とまあ、このような理由で「まあ、バレないだろう」「少しくらいいいか」ってなっちゃう人もたまにいるんですね。

闇任国外旅行は「バレる?」

 

結論から言うと、闇任国外旅行は「バレます」

なぜなら、抜き打ちでパスポートチェックがあるからです。(実際にありました)

パスポートの全てのページと、申請した日付や入国場所など全て細かくチェックが入ります。申請日と1日違っていても分かるし、違う経路で入国しても分かります。そこまでチェックされます。

もともとはこのようなチェックは無かったようですが、

・パスポートをわざと盗まれた「ことにする」

みたいな悪質な事をして、証拠を隠滅してごまかそうとする人も中にはいるんですね。隊員は公人として「公用旅券」という特殊なパスポートを配布されているのですが、紛失はもちろん、汚したり破いたりすることがないように、事前にかなり厳重に注意されます。にもかかわらず紛失などが多いためにこういうチェックが入る、ということになってしまう訳ですね。

隊員の中にはまれに本当にブッ飛んでいる人もいて、そもそも渡航の許可がされていない国に行ったりする人もいると聞きます。

 

まあ、バレたら任期短縮。強制送還は覚悟した方がいいでしょう。最悪手当の返還も求められるかも知れませんね。

まとめ

まあ、本人が帰るのは自業自得でいいのですが、任国外旅行の制度は以前に比べて制限が増えていると聞きます。

帰国時の任国外旅行ができなくなったのがいい例ですね。

あまりにひどいと、今後制度自体がなくなってしまったり、もしかしたら協力隊の制度の是非も問われる事になりかねません。

協力隊が良いか悪いかはともかくとして、これから参加したいと思っているたくさんの後輩に迷惑を掛ける事になります。

くれぐれも身勝手にバカな事は考えないように、念の為アドバイスさせていただきます。

ルールを守って楽しい2年間にして下さいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。